2010年07月05日

防犯としてのカギの役目

防犯設備は主に、防犯カメラや磁気センサー・防犯灯など固定のものだが、防犯装備は個人が所持して使用する。一般の目に触れるものとしては、防犯を主な目的として、商店(小売店)や銀行など金融機関、公的機関の天井などに仕掛けられているケースが多い。 催涙スプレー(さいるいスプレー)とは、暴漢などの顔面に噴射する事により、相手がひるんだ隙に避難するための護身・防犯グッズである。防犯灯は、一個あたりの値段が安く、電気代が安いために色々な場所に設置されている。防犯(ぼうはん)とは、犯罪を未然に防止することである。また、防犯装備士資格を取得するには2日間の講習が義務付られており、その後資格認定試験を受験する。防犯装備(ぼうはんそうび)とは、主に個人が所持する防犯用品(防犯グッズとも)を指す。以前から一部の親がパターナリズムで児童等に携帯型防犯ブザーを本人の意思無しで持ち歩かせるケースは珍しくないが、児童を狙った犯罪の増加もあり、防犯対策に積極的な地方公共団体 自治体では、防犯対策の一環として児童に携帯型防犯ブザーを配布している。
posted by ジュリ at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。