2010年06月22日

鍵を無くしてドロボーに入られたら大変だっ!

錠前は固定を行う機構の側であり、鍵はそれを開閉(開錠、施錠)するための道具である。アルゴリズムが公開されている現代暗号においては、鍵が第三者に渡ることは、暗号文の秘匿性などが失われることを意味するので、鍵は非常に重要な役割を果たしている。自動車などのエンジンをかけるのにも鍵が使われる。指で演奏するフィンガー・ピッキング(:en:Fingerpicking)と、ピックを用いて演奏するピック・ピッキング(ピック奏法)。住居用に書院造の普及し始めた江戸時代以降に住宅に玄関が設けられたとされている。携帯電話などで実用化されている生体認証技術も、広義の鍵に当たるといえる。日常会話では、鍵と錠前をまとめて鍵と呼ぶ場合が多い(例:「鍵を掛ける」)。 分割依頼キーボードは、鍵盤(けんばん)と訳され、道具や装置を操作するために、手、手の指、足、または棒などで動かす取っ手やボタン、踏み板(それらをキー、鍵(けん)という)を並べたもの、ないし、それを備えた入力装置や楽器を言う。
posted by ジュリ at 18:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナショナリズム・・のコメントに、今日気がついた
http://blog.goo.ne.jp/alfclub/e/e8db0a21d29c1f034095c80da298aae3
ありがとう。
過去を掘り起こしてしまって失礼。
Posted by バカボンの叔父 at 2011年02月23日 06:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。